合併浄化槽システム (小型下水処理場)

KBE独自の「生物膜処理」技術がエコロジー高度処理を実現。大切な水資源をエコロジーでエコノミーな方法で確実に快適に再利用できる画期的な水処理技術です。

KBEの排水処理技術は、地球環境及び生態系にやさしく、エコロジーでエコノミーな排水処理を実現するために開発された磁性体水処理用微生物固定化促進剤“磁性体フロック剤”と“生物膜接触方式”を中心に余剰活性汚泥を低減できる、画期的で先進的な高度排水処理システムです。汚れの成分ときれいな水を、物理的・生物的・科学的に固液分離・生物酸化処理で、確実・簡単・コンパクトなシステムで高度排水処理水として再利用水を確保します。コストパフォーマンスに優れ運転管理も容易な合併処理浄化槽から、し尿処理・集落排水・小規模下水処理・中水道処理・汚泥分離水処理の分野まで広い用途に対応できます。

bullet
システムの特徴
  1. 窒素・リン・ノルマルヘキサン抽出物除去が可能
    磁性体フロック促進剤・生物膜・膜分離の採用により、高濃度活性汚泥運転が可能となり、BOD・SSなどの有機汚濁物質だけでなく、窒素も容易に除去できます。リン及びノルマルヘキサン抽出物成分は磁性体フロック剤を曝気槽に間欠注入するだけで簡単に除去できます。
  2. 施設設置面積がコンパクト
    高濃度活性汚泥運転で、曝気槽容量を小さくできる他、沈殿槽汚泥濃縮槽(膜分離処理)不要、凝集沈殿池、砂ろ過、活性炭吸着塔を凝集ろ過器1塔で対応(高度処理)できる為に従来方式と比較して設置面積が30〜60%で済みます。
  3. 広範囲に処理水の再利用が可能
    膜分離方式、硬度凝集ろ過システムを採用する事によりSS成分を1mg/L以下にすることができ、処理水質のレベルは極めて高く、安定した処理水を連続的に作り出すことができます。
  4. 運転管理が容易
    処理フローがシンプルで負荷変動に強いため、運転管理が容易であり電話回線を利用することにより遠隔監視自動運転システムとする事もできます。
bullet
BOD・SS 水質図

bullet
実稼動写真 
bullet
主な浄化槽納入実績
bullet泉福寺第一公営住宅合併処理槽(長崎県佐世保市)   【接触曝気方式】
bullet嬉野光葉荘合併処理槽(佐賀県)                            【接触曝気方式】
bullet大牟田市橘団地公営住宅浄化槽(福岡県)                【接触曝気+高度処理
bulletキヤノン湯布院合併処理システム(大分県)                 【膜処理高度処理
bulletテクノパーク高度汚水処理システム(長崎県)               【接触曝気+礫間接触高度処理
bullet展海峰中水利用汚水処理(長崎県)                          【接触曝気+凝集ろ過高度処理
bullet佐世保市日野中学校浄化槽工事(長崎県)                【膜処理凝集ろ過高度処理
bulletキヤノン下丸子本社ビル中水処理(東京都)                【接触曝気+生物膜処理高度凝集ろ過

ホーム