技術提携企業及び販売代理店募集中!!

 

 

超高速凝集繊維ろ過システム

 

≪下水の高度処理、濁水排水処理、土壌洗浄廃水処理に最適≫

       

@ 高速繊維ろ過器 

     重力式(下向流)・・・コンクリート,鋼製

     圧力式(下向流)・・・鋼製タンク

A ろ過速度

     600 〜 2,000m/day (標準 850m/day)

B SS除去量

     6kg・ss/u ・・・凝集剤なし   12kg・ss/u ・・・凝集剤あり

C 総合評価方式改良事項

     提案可能

 

凝集沈殿処理 砂ろ過設備 活性炭吸着塔 高速凝集繊維ろ過システム

自然界の自浄作用を生かした生物膜処理により、きれいな水をキープ。

イニシャルコスト1/2,設置面積1/2,ランニングコスト1/2

 

高速繊維ろ過システム(MFフィルターと同等)
《超高速繊維凝集生物ろ過システム》

 

 装置概要

 近年公共河川、湖、内湾へ排水する水処理施設は、生活環境の変化にともなって湖沼等の閉鎖水域においては富栄養化に起因する汚染が問題となっております。このような事が主な原因で、各々の水処理施設においては高度に処理された水質が要求されております。このような要求に対して、従来からの高度処理システムとして、凝集沈殿池→砂ろ過器→活性炭吸着塔→UF膜の組合せ処理が、一般的に知られております。

鎌田バイオではこれらのシステムを一つの高速凝集繊維ろ過装置として処理できるシステムを開発いたしました。又、このシステムは目的水質に応じてろ過速度LVを変更したり、凝集剤の間欠添加有無によって、各処理目的に応じてフレキシブルに対応することが可能で、レジャーランド湖水浄化、工場廃水再利用システム、下水処理場3次処理システムとして多数の実績を有しております。

 

 

 

 高速繊維生物ろ過(高速凝集繊維生物ろ過)システムの原理

 高速繊維生物ろ過システムの原理は、充填ろ過器に充填する砂、アンスラサイトの代りに繊維ろ材を充填することで、目的処理原水を超高速1,500m/日(理論上は2,000m/日)で通水することで確実にSS成分を除去することが可能となります。又、逆洗浄時には圧密された繊維がろ過器内の圧力を下降させることで、膨張した状態となり、短時間で洗浄水量も少量で確実にろ材を洗浄することが可能となります。

TN、TP、ノルマヘキサン等の成分を高速凝集繊維生物ろ過システムで除去する原理は、生物ろ過器の原水流入配管ラインに間欠注入し、磁性体凝集剤ディスペンサーを設けることで、ろ過器内充填されている繊維ろ材の突起部分にアパタイト付着することで、数μm単位のSS成分をも除去することが可能となります。

 

 

 

 μmオーダ迄除去する原理(磁性体凝集剤添加)

 

@微細粒SS成分を0.01μmのオーダーまで除去可能

@の芯材となる繊維ろ過の廻りに磁性体水処理剤がAアパタイト的に付着して、あたかも粘着性のあるUF膜となり、微細粒SS成分をカットします。

 

 

A処理水をろ紙でろ過した後のろ紙状況

■原水ろ紙カット状況顕微鏡写真   ■処理水ろ紙カット状況顕微鏡写真

 

  

繊維ろ材(アパタイト)

 

実験写真

 

 

 

 

 超高速繊維ろ過システムと急速ろ過システムの性能比較 ※当社製品との比較

 

ろ過システム

 

項 目

KBE

超高速繊維ろ過機

KBE

超高速凝集繊維

ろ過機

急速砂ろ過機

ろ過速度(LV)

1,500m/日

(MAX2000m/日)

600m/日

(MAX800m/日)

200m/日

ろ過機圧力損失 0.1〜1.6mH 0.2〜2.0mH 1.0〜3.0mH
ろ床のSS補足量 6kg-SS/u-ろ床 12kg-SS/u-ろ床 4kg-SS/u-ろ床

ろ過水量に対して

1回の逆洗浄水量

1〜2%回 1〜2%回 4〜6%回
ろ過処理水の   SS除去率 5mg/L以下 1mg/L以下 5mg/L以下
SS除去率 60〜80% 80〜95% 60〜80%

イニシャルコスト

(単位水量当り比)

50〜70% 60〜80% 100%として

設置ペース

(単位水量当り比)

1/2以下 1/2 1として

維持管理費

(単位水量当り比)

50% 60%

100%として

(交換ろ材,電気材,メンテ費)

 

 繊維ろ過システム SS除去粒度組織(LV=500m/日データ)

 

某メッキ工場再利用水

システム

 

【原水】

【処理水】

■ 繊維ろ過システム SS濃度とろ過線速度との相関性


某下水処理場再利用水製造設備
↑写真をクリックしたら大きくなります

 

 

 

 ノルマヘキサン除去資料

 ■ノルマヘキサン抽出物接触式生物膜処理のメカニズム

@ 微細粒油脂成分エマルジョンフロックの除去

 

@の芯材となる充填ろ材廻りに磁性体水処理剤が油脂分を付着した状態にAアパタイト状態で付着し、あたかも粘着性の膜のように機能することにより、微細粒油脂成分もカットすることができます。

A 油脂分生物分解メカニズム

 

芯材@の廻りに磁鉄粉・カルシウム分を主成分とする磁性体水処理剤と油脂分エマルジョン化成分がアパタイト的に付着し、A無酸素層、B嫌気層、C好気層の接触生物膜層を形成し、生物処理的に油脂成分を分解し、CO2等のガス体及び水に分解することにより無害化し、肥大化した油脂含有フロックは、余剰汚泥として系外に排出されます。又、排出される凝集フロックは、簡易な方法でSS固形成分と水成分に分離され、分離汚泥は焼却処分することにより無害化処理できます。

 ■ノルマヘキサン抽出物除去データ

@キャノラー油

A酸化鉱物油(エンジンオイル)

 

 

 

 繊維ろ過システム納入実績

 ・(仮称)東川面公園 水質浄化設備

 ・福岡市東部下水道処理場(再利用水)

 ・福岡市東公園せせらぎ公園池

 ・福岡市内雑排水再利用システム

 ・福岡市西戸崎下水処理場(再利用水)(H.18年3月末実施)

 ・アカダプレーティング(長野県)

 ・長谷寺池ろ過設備メンテナンス

 ・福岡市東公園流れ・壁泉池浄化設備

 

お問合せは・・・
 mail*info@kamata-bio.co.jp

鎌田バイオ・エンジニアリング(株)
福岡市博多区博多駅南3-25-1
TEL:092-471-1600
FAX:092-471-1595

 

ホーム